研究室のご案内

〒662-8501
西宮市上ヶ原一番町1-155 関西学院大学G号館の306
櫻田大造研究室

櫻田大造へのお問い合わせ

著書、学術論文などの紹介

書評

櫻田大造-Reluctant Adversaries : Canada and the People's Republic of China, 1949-1970:ポール・エヴァンズ&B・マイケル・フローリック編著『不本意な敵対者同士 : カナダと中華人民共和国(1949年〜1970年)』

Reluctant Adversaries : Canada and the People's Republic of China, 1949-1970:ポール・エヴァンズ&B・マイケル・フローリック編著『不本意な敵対者同士 : カナダと中華人民共和国(1949年〜1970年)』

CiiNiを見る

単著、Reluctant Adversaries: Canada and the People's Republic of China, 1949-1970, Edited by Paul Evans and B.Michael Frolic,University of Toronto Press, 1991. The Journal of American and Canadian Studies(上智大学アメリカ・カナダ研究所)No.9 (Spring 1992)(1994年2月)pp.87-94.

 Norman Hillmer-Pearson: The Unlikely Gladiator

Pearson: The Unlikely Gladiator

Amazonで購入する

単著、Pearson: The Unlikely Gladiator, Edited by Norman Hillmer, McGill-Queen's University Press, 1999. Canadian Foreign Policy (The Norman Patterson School of International Affairs, Carleton University) Vol.9 No.3(Spring 2000)(2000年8月)pp.139-140.

トップに戻る

Mito Takamichi-State Power and Multinational Oil Corporations―The Political Economy of Market Intervention in Canada and Japan

State Power and Multinational Oil Corporations―The Political Economy of Market Intervention in Canada and Japan

Amazonで購入する

単著、State Power and Multilnational Oil Corporations: The Political Economy of Market Intervention in Canada and Japan, by Takamichi Mito, Kyushu University Press, 2001. International Journal (Canadian Institute of International Affairs) Vol. 58. No.1 (Winter 2002-2003) (2003年6月) pp.219-220.

足立研幾-オタワプロセス—対人地雷禁止レジームの形成

オタワプロセス-対人地雷禁止レジームの形成

Amazonで購入する

単著、足立研幾著『オタワプロセス-対人地雷禁止レジームの形成』有信堂光文社、2004年9月276頁。『日本カナダ学会ニューズレター』第70号(2004年12月) pp.13-14.
利害関係、行動様式や力関係が大きく異なる国々が、安全保障という分野で国際協調を達成することが可能となるのか。対人地雷全廃条約の形成という事例を分析。オタワプロセスより日本の外交政策などへの示唆を引き出す。

櫻田大造、簡単経歴

櫻田大造(さくらだ だいぞう、1961年 - )は、日本の政治学者。専門は、国際関係論、カナダ外交。長野県生まれ。シアトル大学教養学部及び上智大学外国語学部卒業後、トロント大学で修士号取得。
信州短期大学講師、徳島大学総合科学部講師・助教授を経て、現在、関西学院大学国際学部教授(2009年度までは法学部教授)。
博士(国際公共政策、大阪大学) 口癖は「んんんん、、まぁいいや!」
関西学院大学法学部ゼミ生の間では気さくなコンパ好きの教授として人気を博している。